「子ども」と、子どもを見つめる「おとな」も豊かになる場所を作りたい、そう思ってこの教室をスタートします。

子どもたちと一緒にいると、不思議がいっぱいです。
・イタズラばかりしている
・同じことばかり繰り返す
・突然怒り出したり泣き出したりする
…などなど、本当に毎日いろいろな不思議と出会いませんか?

そして、そんな子どもたちを相手にしながら「子どもはどうしてこんなことするのかな?」
「自分の子育て、これでいいの?」と思うことがありませんか?

そんな子どもたちの謎だらけな日常を理解するヒントがモンテッソーリ教育の中にあります。
モンテッソーリ教育を知ることで、おとなが悩んだり困ったりする気持ちが解消されていきます。

モンテッソーリ教育は、幼稚園・保育園などのモンテッソーリ教育を取り入れている場所に通わなければ、子どもに実践できないのではありません。
もちろん教具と呼ばれる独自の教材はありますが、子どもを見つめるおとながモンテッソーリ教育を知り、その視点で子どもを見ることができれば、
子育ては発見が多くてとても楽しいし、気持ちが楽にもなります。
そして一方で肝心の子どもはというと、のびのびと、そして自立した子に成長していきます。

モンテッソーリ教育に触れてみませんか?。

私たちが始めるこの場所は、子どもとおとなのためのモンテッソーリ・ルームです。

 

最後に私たちのことを少しだけ…
代表者2人は、それぞれ自らの仕事をしながら「モンテッソーリ教育」を学びたいとの思いから、通信講座で学び始めました。
そして講座のカリキュラムにある集中講習の顔合わせのプログラムで
お互いの生年月日を知ることになりました。

まさかの全く同じ。

親近感が沸くのは言うまでもなく、講習が終わったあとも度々連絡をとり、
今の私たちにできることをたくさん話し合いました。

そして、現在の「Seedling English」の仲間として
「Seedling Montessori幼児教室」を開く決意をしました。

 

これからの子どもたちは、
わたしたちが予想もできない未来を生きていくことになります。

自分で考え、選択し、好奇心を持って学び続けるバイタリティを持ち、
世界のどこでも生きていける人になってほしい。

子ども達と一緒に心を動かしながら、
子どもも、大人も、学ぶ場所として、
Seedling Montessoriを運営していきたいと思います。

一緒に考え、悩み、関わり合い、支え合い、一緒に子育てをする仲間として、
Seedling Montessoriに関わっていただければ幸いです。

代表 三井田香奈 塚田秀子


Page Top